2011年12月5日月曜日

Secret Santa

アメリカで、毎年忘年会の代わりに、クリスマスパーティーがあります。皆はパーティーのためにプレゼントが必要です。前以てプレゼントの値段を決めて、その値段以下のプレゼントを買ってパーティーに持って行きます。パーティーに着いたら、プレゼントを集めて1つのテーブルの上に全部おきます。プレゼントに番号がかかれ、同じ番号が書かれた紙は1つの帽子に入れられます。後で1人ずつ帽子から番号が書かれた紙を一枚とって、同じ番号が書かれたプレゼントが貰えます。


貰ったプレゼントは誰から貰ったか分からないから、シークレットサンタと言われています。面白いプレゼントも面白くないプレゼントもあり、たまにプレゼントでフルーツケーキもあります。なんでか分からないけど、誰もフルーツケーキを欲しくない。


In America, every year instead of an end-of-the-year party, there is a Christmas party. Everyone needs to buy a present for the party. A price is decided on in advance, and everyone buys a present below that price and brings it to the party. Once they arrive at the party, all the presents are gathered and placed on one table. A number is written on the present, and the same number is written on a piece of paper and put into a hat. Later, everyone takes a number from the hat and recieves a present with the same number. Because nobody knows who the present they got is from, it is called "Secret Santa". Sometimes people get a nice present, and sometimes people get one that's not so great, and sometimes people get fruitcake as a present. I don't know why, but nobody wants the fruitcake.


0 件のコメント:

コメントを投稿